『アリーナ』ブランドが、水着のサプライを通して シンクロ日本代表選手をサポート
株式会社デサントは、『アリーナ』ブランドにおいて、シンクロナイズドスイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチと共同開発した水着を、日本代表選手にサプライ。

a0039820_10502414.jpg


井村コーチは、シンクロナイズドスイミングがオリンピックの正式競技となった1984年のロサンゼルス大会以降、指導者として日本を6大会連続でのメダル獲得に導くなどの功績から、「シンクロの母」と呼ばれています。2004年まで日本代表コーチを務め、その後は中国代表・イギリス代表の指導を経て2014年に日本代表のコーチに復帰。選手を輝かせるために、あらゆることにこだわり抜く井村コーチの「日本代表選手に、国内スポーツメーカーの作る高品質な水着を着させたい。」という想いを受け、今回『アリーナ』が共同開発するに至りました。今回の水着は「アスリートファースト」で選手のことを第一に考え、「競技中に選手を1番輝かせる水着」をテーマとして、井村コーチと生地選定から設計、デザインなどについて試行錯誤を繰り返し、「選手の魅せ方」と「機能」に徹底的にこだわりました。

a0039820_9375531.jpg


「魅せ方」について、屋外や水中などどのような場面においても選手を輝かせる水着に仕上げるため、東レ株式会社と新潟の老舗工場の協力を得て生地の染色方法に着物などで複雑な模様に用いられる「手捺染(ハンドプリント)」を採用。日本ならではの着物加工で培った技術と知識を用いて1枚1枚手作業で模様の部分のみを刷り上げることで、従来のデジタルプリントでは実現できない鮮明で深みある発色を実現しました。また、スワロフスキー・ジャパン株式会社の協力によりスワロフスキー®・クリスタルを随所に配置し、水着に特別な輝きを付加しています。

a0039820_9382332.jpg


「機能」については、東レ株式会社協力のもと、特殊な原糸を高密度に編み立て、防透性に配慮した生地を使用。従来は透け防止のために生地を何枚も重ねて縫製していた水着を1枚の生地で縫い上げることが可能になり、選手同士が水中で掴んだり持ち上げたりする際に生じる生地同士の滑りを軽減しました。

使用する生地の分量を少なくすることで軽量化も実現し、選手の動きやすさや体力維持をサポートします。また、選手1人1人の体型や骨格、演技のポジションに合わせて設計や仕様を変更し、水着を着用することで生じる選手の不快要素を可能な限り軽減しました。

「井村コーチ曰く」

『アリーナ』を手がけるデサントの皆さんはとても一生懸命にものづくりに取り組んでくれて、その熱意が選手にも伝わっている。選手にとって水着は戦いに着ていく戦闘服と同じである。

その戦闘服を着心地が良く、力を発揮できる状態にしてもらえたことは本当にありがたい。選手達が良い演技をするためには、生地やデザイン、色、型、ゴムのフィット感やメッシュの配置ひとつにまでこだわらなければならない。こだわりのない人に良いものは作れない。今回製作に関わってくれたデサント、東レをはじめとした皆さんもまた、私と同じようにこだわってくれた。



a0039820_10481228.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-08-18 10:48 | 気になるニュース
<< やっぱり中国人はマナーしらず|... 中国人も見習ったら|内村2連覇... >>