カテゴリ:映画( 3 )
題名に騙された
”バイオハザード2034”をレンタルしたが、最低最悪の映画、大学の映画研究会でも創らん映画や、ほんま騙された。

演技はサークル並み、映像にこったつもりでも、ぼけて見にくいし、値段もいっしょじゃ最悪。

こんな映画みたら一生後悔するわ!!あんだけ早送りにしてみた映画かつてあらへんかった。

金かえせ~。

a0039820_12492292.jpg
[PR]
by zubaring | 2006-10-01 12:56 | 映画
After_The_Sunset 邦題(ダイヤモンド・イン・パラダイス)を見て
ウ~ンもう一つやね。

最後にどんでん返し?みたいなものはあるけれど、ストーリーの流れは退屈。ピアースブロスナンンも白髪交じりの無精ひげはやして死んでるみたい。007の時とは違った雰囲気をだそうとしてるけど、無理がある。

体つきもブヨブヨして覇気が感じられん。もともと007の時も引き締まった体ではなかったけど。何が言いたいのか?焦点がぼやけてる。60点ぐらいやね。

良かったんは島の風景とサルマ・ハエックの美しさ。金払ってまで見る価値なし。

a0039820_18511412.jpg
[PR]
by zubaring | 2006-08-12 18:51 | 映画
ALWAYS三丁目の夕日を見て(父の感想)
懐かしい、非常に懐かしい光景だ!

ちょうどリアルタイムの私の年代、京都と東京という違いは有るけれど、敗戦後の日本を生きていこうとする、明日に希望の光が満ち足りた年代。あんなに小汚い家が並んでる??京都の街はもっと綺麗やったけど。

ただ、この映画はそういった世相をすべて盛り込もうとしたことでてんこ盛りの感がある。
テレビ、冷蔵庫、洗濯機、フラフープ等々。

実際に私の子供の頃、親戚の家へテレビを見にいたことも思い出されるし、家に初めてテレビが来たときは近所の遊び仲間が見に来ていた。

またフラフープが流行った頃は、町内に子供から大人まで全員で回していたという記憶がある。これから生活が豊かになっていく時代である。

但し、町内ごとのコミュニケーションは今の時代なんか目じゃないほど取れていたし、家に鍵をかけていたという記憶も無い。

映画の話に戻ろう。全体的にもう少し、世相はさらっと流し、物語を深く掘り下げたほうが良かったのでは、ちょっとノスタルジックに走りすぎたようである。

a0039820_12341414.jpg
[PR]
by zubaring | 2006-08-07 12:19 | 映画