<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「尾花愛山」の2007年4月の占い
牡羊座   (3/21~4/19)
運気下降に!!思わぬアクシデントが起こりそう。
判断力を問われそうに。慎重に対処を。

牡牛座   (4/20~5/20)
正義感!!何事も無関心にならずに、均衡を。
選択肢を間違えないように。公正な判断がプラスに。

双子座   (5/21~6/21)
運命の変化が・・・・!!不安定、独立、別居・・・
環境の変化による問題が解決。運気アップに。

蟹座    (6/22~7/22)
集中力をもって!!何事も分散せずに。
気力を養って。多くの人との出会いを大切に。

獅子座   (7/23~8/22)
足下見つめて!!心身ともに、気持ち新たに。
原動力の発揮を。チャンスあり。

乙女座   (8/23~9/22)
おおらかに!!運気低迷。
体力の低下も。仕事も家庭も自然体で、舵取りを。

天秤座   (9/23~10/23)
正々堂々と!!心配は杞憂に。
自信を持って。回りの配慮と、協調性を。運気アップ。

蠍座    (10/24~11/22)
勇気をもって!!精神的大きな力の発揮が。
前進を。自分へエネルギーに。

射手座   (11/23~12/21)
順調に!!やりぬく意志の行動力あり。
野心を捨てて。力は十分に。実力あり。吉。

山羊座   (12/22~1/19)
信頼関係を!!回りへの配慮がポイントに。
順風に良い結果を。応援者あり。

水瓶座   (1/20~2/18)
新しい息吹きを!!環境変化によって人間関係がスムーズに。
穏やかな気持ちを大切に。素直さが、プラスに。

魚座    (2/19~3/20)
運気後退!!今の状態を受け止めて。
ポリシーを。自信を持ってチャレンジを。 チャンスあり。
[PR]
by zubaring | 2007-03-31 12:17 | ちょっと小耳
ヤフオクの「アカウント継続手続き」を騙るフィッシングメール
ヤフーは29日、「Yahoo!オークション」を騙って個人情報をだまし取るフィッシングメールが出回っていることを公表した。

 ヤフーによれば、このフィッシングメール内のリンクをクリックすると、「Yahoo! JAPAN ID - ユーザーアカウント継続手続き」という画面に誘導され、Yahoo! JAPAN IDおよびパスワード、クレジットカード番号などの入力を促されるという。メール本文では「Yahoo!オークションを継続して利用するには、Yahoo! JAPAN IDユーザーアカウントの更新手続きが必要です」と記載されている。

 ヤフーでは、このようなメールで個人情報を問い合わせることはないとして、注意を促している。同様のメールは2004年頃から出回っているが、この数日でユーザーなどからの報告が増えていたという。

a0039820_174722.jpg
[PR]
by zubaring | 2007-03-30 01:07 | ちょっと小耳
三井生命、企業年金の顧客情報など1,501人分がWinnyで流出
今まで、何回同じ言葉を聞いたか!!もう聞き飽きた。

三井生命は28日、同社が管理する企業年金の顧客など1,501人分の個人情報がファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したことを明らかにした。システム業務を委託していた同社関連会社のMLIシステムズの社員の私物PCが、ウイルスに感染したことが原因だ。

 流出したのは、三井生命が管理する企業年金に関する個人情報1,392人分。氏名と生年月日のほか、一部データには住所と口座情報が記載されていた。また、同社およびMLIシステムズの社員の氏名、住所、メールアドレスなど109人分の個人情報も流出した。

 三井生命によれば、MLIシステムズの社員は2004年4月と9月、システム開発作業を自宅で行なうためにデータを持ち出して自宅のPCに保存していたという。その後社員は、2005年9月にWinnyを通じてウイルスに感染したため、データが流出した。

 三井生命では、従来から顧客情報の取り扱いについて教育してきたが、今後は業務委託先を含めた全社員に、顧客情報の社外持ち出しや個人所有PCの安全管理について再徹底を図るとしている。
[PR]
by zubaring | 2007-03-29 01:25 | 言わせてもらいます
フィッシングによる“貸します詐欺”=「キャッシング詐欺」に注意
フィッシング対策協議会は30日、金融機関からの融資案内を装った「キャッシング詐欺」のメールが増加しているとして注意を呼びかけた。27日に公表したDCキャッシュワンの名前を騙る事例以外にも、モビット、みずほ銀行、SMBCの名前を騙るメールも出回っているとして報告した。

 今回報告された事例では、メールのサブジェクトが「未承諾広告※ ▼ モビットのご融資案内 ▼」「未承諾広告※ 【みずほ銀行の個人向けキャッシング START 】」「未承諾広告※ 『SMBCのご融資ご案内 』」で、いずれも送信者は「ocn.ne.jp」ドメイン名のメールアドレスとなっている。また、配信停止の連絡先として記載しているメールアドレスもYahoo!メールのもので、見るからに怪しいことがわかる。

 本文ではカードローンやキャッシングの融資を紹介するとともに、偽サイトのURLを記載。そこに誘導して個人情報を入力させようとする。偽サイトは、各社のサイトそっくりに作られているが、URLが「.com」「.info」「.biz」といったgTLDによるもので、各社の公式サイトとは異なっている。

 先日報告されたDCキャッシュワンの事例でも、偽サイトに「.info」ドメイン名が使われていたが、フィッシングメールを配信する直前に登録されたものであることがわかっており、詐欺のためにドメイン名を取得したと見られている。新たに報告されたモビット、みずほ銀行、SMBCの事例でも同様と思われる。実際、フィッシングメールの文面を見ても、共通のテンプレートを使い回していると思われ、今後も別の金融機関の名前を騙るパターンが出回る可能性も十分に考えられる。

 フィッシング対策協議会では、フィッシングの手法を使った“貸します詐欺”への導入の可能性があると指摘。入力した個人情報が別の用途で使われる可能性もあるとして注意を呼びかけている。

 なお、今回報告された事例の中には、偽サイトがまだ閉鎖されていないものもあるため、注意が必要だ。

a0039820_122378.jpg
[PR]
by zubaring | 2007-03-28 01:02 | ちょっと小耳
大日本印刷の情報流出、DCグループ9社や新星堂、ららぽーとの会員分も
ディーシーカード(DCカード)は14日、ダイレクトメール業務を委託した大日本印刷から顧客情報が流出した事件に関して、DCグループ9社の顧客情報の一部も含まれていることを確認したと発表した。

 DCカードはすでに12日時点で、流出した情報の中に、DCカード本体の顧客分として33万7,480件が含まれていたことを発表していた。今回、これ以外にもDCグループ各社の顧客情報が含まれていたことがわかった。顧客情報が含まれていたグループ会社は、八十二ディーシーカード(10,000件)、京都クレジットサービス(7,500件)、愛銀ディーシーカード(8,000件)、百五ディーシーカード(9,000件)、滋賀ディーシーカード(8,000件)、福井ディーシーカード(2,500件)、富山ファースト・ディーシー(1,500件)、ファミリーカード、やまぎんディーシーの9社。

 このほか、新星堂やららぽーとでも顧客情報が含まれていたことを公表している。新星堂では、ポイントカード会員の一部19万8,010件が該当する。ららぽーとでは、ららぽーとTOKYO-BAY(千葉県船橋市)の「ららぽいんとカード」会員のうち、情報誌「LaLaportStyle」の2002年5月10日発送分リスト2万2,977件が、容疑者の自宅からの押収物の中に含まれていたことがわかったとしている。
[PR]
by zubaring | 2007-03-17 00:39 | ちょっと小耳
ミクシィ、「mixy」からの招待メールに注意呼びかけ
ミクシィは14日、同社が運営するソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」への招待メールを装う迷惑メールが3月はじめより出回っていることを公表した。ワンクリック詐欺やパスワードの不正入手など重大な問題が懸念されるため、迷惑メールに記載されているURLをクリックしたり、送信者へ返信しないよう警告している。

 同社によれば、迷惑メールは、「[mixy]招待メール」という件名で送られてくるという。本文では、新規コミュニティへの招待状が届いているとして、内容確認・利用開始するためのURLが記載されている。このURLはミクシィとは無関係で、「 http://mixy-jp.com/********** 」とされている。

 また、同様の件名で、「本メールは[mixyモバイル]より送信されています。あなた様へ会員様より[mixyモバイル]へお誘いがありました。」として、別のURL「 http://love-match.bz/********** 」に誘導しようとする迷惑メールも報告されているという。

 ミクシィでは、「このほかにも、同様の内容かつURLの異なる迷惑メールが存在する可能性があります。記載されている文面、URL、送信先などを十分ご確認ください」と注意を呼びかけている。
[PR]
by zubaring | 2007-03-15 23:32 | ちょっと小耳
大日本印刷の個人情報流出、JCBのカード番号11万件も
大日本印刷の委託先企業の元社員がダイレクトメール印刷などのために企業から預かった個人情報約864万件を流出させた事件に関連して、ジェーシービー(JCB)は12日、同社顧客のカード番号情報約11万件が含まれていることを公表した。

 この情報は、JCBとアメリカンホーム保険会社が2003年5月、2004年2月、2005年11月に共同で実施した保険商品の案内に使用したもの。アメリカンホーム保険会社でも大日本印刷からの個人情報流出に関連して、同社の顧客情報150万4,857人分が含まれていたことを明らかにしており、そのうちの11万1,759人分については保険料の支払いに使用するクレジットカード番号も含まれていたと発表している。このうちの11万1,256人分がJCBカードの情報に該当する。なお、有効期限は含まれていなかったという。

 JCBによれば、該当するカード番号について調査したが、今回の流出に起因した不正利用などの事実は確認されていないとしている。
[PR]
by zubaring | 2007-03-15 00:37 | ちょっと小耳
大日本印刷の個人情報流出、対象の各社が事態を公表
大日本印刷の委託先企業の元社員がダイレクトメール印刷などのために企業から預かった個人情報864万件を流出させた事件について、流出の対象となった企業各社も経緯や対応策などを公表している。

 大日本印刷では、顧客企業から預かった個人情報を業務委託先企業の元社員が持ち出し、情報がインターネット通販詐欺グループに売り渡されていたことを2月20日に公表。元社員は既に逮捕されており、3月12日にはその後の調査により、持ち出されたデータが43社・約864万件に上ることを公表した。

 3月12日時点で、この件に関連して個人情報が流出したことを発表したのは、アメリカンホーム保険会社、イオン、NECビッグローブ、NTTファイナンス、カルピス、近畿日本ツーリスト、KDDI、京葉銀行、ソネットエンタテインメント、千葉トヨタ自動車、ディーシーカード、トヨタカローラ神奈川、トヨタ自動車、ニフティ、日本ヒューレット・パッカード、弥生、UFJニコスの18社。これら18社の情報は合計約581件で、その他に25社・約283件の情報がある。

 3月13日には、GEコンシューマー・ファイナンスが、同社のパーソナルローン「レイク」の顧客情報56,913人分の情報が大日本印刷の事件に関連して流出したことを新たに公表。GEコンシューマー・ファイナンスでは、当該情報が容疑者以外の第三者に流出した事実は確認されておらず、現時点では顧客が二次被害に遭ったという報告はないとしている。
[PR]
by zubaring | 2007-03-14 01:00 | ちょっと小耳
偽セキュリティソフトの新種が3種見つかる
ウェブルート・ソフトウェアは7日、「2月の国内トップ10スパイウェアランキング」をとりまとめた。新たな偽セキュリティソフトが3種類見つかったとして、注意を呼びかけている。

 このランキングは、ウェブルートのサイトで無償提供しているオンラインスパイウェア検索ツール「Spy Audit」で収集したデータに基づいたもの。「アドウェア」「トロイの木馬」「システムモニタ」の3つのカテゴリで集計している。

 アドウェアでは、1位「CnsMin」、2位「Cydoor」、3位「DriveCleaner」、4位「System Doctor 2006」、5位「GAIN」などとなっている。DriveCleanerやSystem Doctor 2006は、「ユーザーの同意なしにインストールされ、Windowsのスタートアップに登録されるシステムメンテナンス・セキュリティアプリケーション」だとしており、ウェブルートでは、ユーザー自身でインストールした覚えがない場合は削除することを推奨している。

 こういったいわゆる偽セキュリティソフトとしては、「RegistryCleaner」「SpywareKnight」「Spy Dawn」が2月に新たに発見された。今のところ日本語版はまだ登場していないが、トロイの木馬によって知らぬ間にインストールされる可能性もあるという。素性が確かでないソフトのインストールやオンラインでの購入には十分注意するよう呼びかけている。

 トロイの木馬では「Trojan-Downloader-Zlob」、システムモニタでは「Any@Web」がそれぞれトップだった。
[PR]
by zubaring | 2007-03-10 01:37 | ちょっと小耳
Web経由で侵入するトロイの木馬被害が急増、トレンドマイクロ2月調査
トレンドマイクロは6日、2月度の「ウイルス感染被害レポート」を発表した。日本国内のウイルス感染被害の総報告数は6,400件で、1月の7,764件から減少した。2月に最も多くの被害を出したのはトロイの木馬「TROJ_ZLOB(ゼットロブ)」の99件で、先月の40件から急増した。

 TROJ_ZLOBは、Webページに仕込まれた不正プログラムが自動実行されることでダウンロードされ、ユーザーのコンピュータに侵入した後、Internet Explorerのスタートページを変更したり、指定されたWebサイトから別の不正プログラムをダウンロードする。ダウンロードされる不正プログラムには、オンラインゲームのアカウント情報を盗むスパイウェアなどが確認されている。TROJ_ZLOBについてトレンドマイクロでは、「Webを介して感染活動を多様化させていく、近年の典型的なパターン」と指摘している。

 TROJ_ZLOBには複数の亜種が発見されているのも特徴だ。亜種の報告の半数以上は、亜種に共通すると考えられるシグネチャをパターンファイルに採用する「Generic検出パターン」によって検出されたものだという。現在では、短期間で大量の亜種を頒布しようとする傾向が強まっていることから、今後もGeneric検出パターンの技術が重要になるとしている。

 TROJ_ZLOBに続いたのは、2位がバックドア「BKDR_AGENT」の67件、3位がワーム「WORM_RBOT」の39件、4位がトロイの木馬「TROJ_SMALL.EDW」の31件。4位のTROJ_SMALL.EDWは、通称「Storm Worm」として欧米を中心に流行していたが、感染後に悪質なWebサイトから不正プログラムをダウンロードする「シーケンシャル攻撃」が落ち着いたことに加え、悪質なWebサイトへのアクセスをブロックするURLフィルタリング機能の利用が進んだことから収縮傾向にあるという。ただし、間隔をおいてシーケンシャル攻撃が再開される場合もあるため、安心はできないとしている。
[PR]
by zubaring | 2007-03-07 00:35 | ちょっと小耳