<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
クラウドファンディングとは
クラウドファンディングは、クリエイターや起業家が資金調達をする手法として、世界中で注目されています。

クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(crowd)と資金調達(fundhing)を組み合わせた造語で、クリエイターや起業家が製品・サービスの開発、もしくはアイデアの実現などの「ある目的」のために、インターネットを通じて不特定多数の人から資金の出資や協力を募ることをいいます。

クラウドファンディングには、プロジェクトの起案者、そしてプロジェクトの支援者双方にとってメリットがあります。
起案者のメリット

製品やサービスのアイデアがあり、制作をするスキルもあるが、そのための資金や元手がなかったり、そもそも知名度がないクリエイターや起業家が、クラウドファンディングサービスをはじめとしたプラットフォームを利用することで、資金を集めることができるというのが一番のメリットです。

また、ソーシャルメディアとの相性もよく、開発段階から支援者との交流も行えるので、細かなニーズや要望をキャッチしやすいという点も大きなメリットでしょう。
支援者のメリット

支援者のメリットとしては、今後成長していく可能性のある製品やサービスに、インターネットで少額から気軽に寄付や出資ができるという点や、「購入型」(後述します)の場合は、支援額に応じたリターンを得られることが大きなメリットとなります。

クラウドファンディングは、一般的には支援者に対するリターンによって大きく3つ(より詳細に分けた場合だと5つ)の種類に分類されています。

寄付型:リターンなし
金融型:金銭的なリターンを伴う
購入型:金銭以外の物品や権利を購入

特に、日本では金融商品取引法の規制などの関係上、購入型が最も普及しており、アメリカのKickstarterをはじめ、日本のCAMPFIREやREADYFORも購入型になります。
a0039820_16212921.png

[PR]
by zubaring | 2015-06-24 16:21 | ちょっと小耳
携帯電話の番号が3年後に枯渇
 総務省は18日、「090」「080」「070」と広がってきた携帯電話の番号が3年後に枯渇する恐れがあるとして、対策を練る議論を始めた。「060」を加えたり、電子機器同士の通信に新しい番号を割りふって余裕を作ったりする案が有力だ。

 携帯電話などの番号を管理する総務省が、有識者でつくる審議会に対策案づくりを諮問した。審議会は年内に答申をまとめる。

 総務省は1999年に携帯電話の番号を「090」、PHSを「070」に集約し、けた数も10けたから11けたに増やした。その後の利用者急増にあわせ、2002年に「080」を携帯に追加。2014年には利用が伸び悩むPHS、携帯間の番号持ち運び制度を始めて区別をなくすなどの対策をとってきた。

 現在、「090」「080」「070」の総数は2億7千万回線ある計算だ。

 これに対し、15年3月末の携帯・PHSの総契約数は1億5786万件。年間約800万件のペースで増えている。日本の人口約1億2700万人よりも契約数が多いのは、スマートフォンとタブレットを同時に使う人などが増えているからだといわれる。

[PR]
by zubaring | 2015-06-19 16:06 | 気になるニュース
125万件の個人情報流出=職員端末にサイバー攻撃―年金機構
 日本年金機構は1日、職員の端末がサイバー攻撃を受け、個人情報約125万件が外部に流出したと発表した。いずれも加入者の氏名と基礎年金番号が含まれ、うち約5万2000件には住所も含まれていた。55万件は内規に反してパスワードが未設定だったといい、同機構の水島藤一郎理事長は「極めて重い責任を感じる。全力を尽くして対処する」と陳謝した。(時事通信)

一番の心配は、マイナンバー制度になってこのようなサイバー攻撃がおこれば年金情報が漏れたどころではなくなる。マイナンバー制度は便利と危険の隣合わせの制度。
[PR]
by zubaring | 2015-06-01 21:22 | 言わせてもらいます
あいつは我々をなめているんですかね。
五輪担当記者:衝撃的な暴言メールが波紋を広げている女子ホッケー監督問題で7日、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)は「解任の取り消しを認める」という裁定を下しました。

 デスク:JSAAは、日本ホッケー協会が女子代表前監督の柳承辰氏(ユ・スンジン=46)の解任を理事会ではなく、数人の幹部による業務執行理事会で決めた手続きが不適切と判断したとのことだけど…。それにしても、この暴言メールの中身はすごいな。

 記者:昨年の仁川アジア大会前、日本協会常務理事の山口修一郎強化本部長は「あいつは我々をなめているんですかね。アジア大会終わったら、勝ったとしても、やめさせましょうか?くそなまいきな、ぼうず、のさばりくさっているなら、うっとしいだけですよ。」(原文)という一斉メールを送信。しかし、そのメーリングリストには柳氏も入っていたんです。そして次に柳氏にメールが送られてきたのがアジア大会後。「大変残念なお知らせですが…」という解任通告でした。

 デスク:これ、わざとだったら怖いよな。しかも業務執行理事会も本当に開かれたかわからないというし…。とにかく、協会側は代表監督が2人いる異常事態にどう対処するつもりなんだ?

 記者:15日に理事会を開きますが、そこで柳氏を解任しても、再度柳氏が異議を申し立てることができます。次の焦点は監督解任の正当性ですが、柳氏は「協会の判断に任せるが、日本のために全力を尽くしていく気持ちは変わらない」と続投を希望しています。担当弁護士も「成績不振ではなく解任された。結果はおのずと予想できる。再度争う用意はある」と徹底抗戦の構えです。

[PR]
by zubaring | 2015-06-01 10:36 | 気になるニュース