<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
TPPで日本の医療制度崩壊
TPPで日本の医療制度崩壊←googleインデクスへ
[PR]
by zubaring | 2015-10-18 14:50 | 言わせてもらいます
政府は隠している、TPPで日本の医療制度は崩壊
政府は隠している、TPPで日本の医療制度は崩壊。

野菜、牛肉等は隠れ蓑、このまま行くと日本の医療はアメリカには食いつくされる。

クスリの値段は企業が決めるためバカ高になり、医療費は途方も無い値段になる。

本当に日本の新聞やらテレビやらでは一切報じられていませんが、TPPで一番何が変わるかと言えばこれはもう「日本の医療制度」と断言しても間違いはないかと思います。


まず、TPPが合意されて合意文書が発行されれば、米国の民間保険会社や製薬会社、そしてウォール街がスクラムを組んだ「医産複合体」が日本へ黒船の如くやってくることとなります。


ちなみに、先日当ブログでも「大筋合意」に至ったことに関してはブログにしましたし、テレビでも一斉に「やっと大筋合意に至れた」なんていう報道がなされていましたよね。


しかし、大筋合意=条約発効、ではありません。
これは国際条約なので、合意に至ったのちに各国へ持ち帰ってその各国の国会を通過させる必要があるんです。


そしてなんとなく「あぁ大筋合意に至ってしまったのか」と、マスゴミの報道を通じて感じていた方が大多数だと思いますし、こう言うブログ主もすっかりその気になっていました。

今日(2015年10月18日)もNHKでTPPについて議論していましたが、「医療制度」についてはなにも議論されていません。東京のコメンテーターは「話すな!!」といわれているらしいのです。


庶民は騙されている。よく見て勉強しよう。←ココをクリック Youtube


a0039820_13595213.png

a0039820_13593378.png

[PR]
by zubaring | 2015-10-18 13:51 | 言わせてもらいます
京都の突抜・辻子・図子・路地(ろうじ)
京都の突抜・辻子・図子・路地(ろうじ)を調べていたら我が実家もその一つである。

実家の町名は(新突抜町・片原町)だが
「地獄辻子」(「地奥辻子」「釈迦突抜」とも称した)
千本釈迦堂の門前、五辻通を少し東へ行ったところを今出川通まで南下する小路である。(六軒町通りの一筋西の小路との言い方もできる)


a0039820_1795193.jpg

[PR]
by zubaring | 2015-10-15 17:09 | ちょっと小耳
マイナンバー汚職!!やっぱり人が一番アブナイ?!
人間の管理もできない奴らがシステムを管理できない。やっぱり人が一番アブナイ要素。

 ■派手な服装・人脈を吹聴

 中安一幸容疑者は、ノンキャリアながら民間の医療関係者やIT関係者に太いパイプを持ち、その服装や言動などから「異能の官僚」とも呼ばれた。

 ウエーブのかかった髪に鼻まで下がった眼鏡。白いジャケットを着て13日朝に警視庁に出頭した中安容疑者の姿は、およそ一般的な官僚のイメージとはかけ離れていた。

 中安容疑者は高校卒業後の平成3年、国立病院の事務官として採用され、17年に係長として厚生労働省の本省に転任。19年以降はシステムの導入や企画立案を担当した。

[PR]
by zubaring | 2015-10-14 09:44 | 言わせてもらいます
出た!!住民票にマイナンバー誤記載し発行 取手市
いくらオンラインから切り離したパソコンで管理しようとしても、人為的なミス(ホンマに程度の低い公務員たち)がいる限りおそろっしいことが次から次へと起こってくる。

住民票にマイナンバー誤記載し発行 取手市

茨城県取手市が、住民票を発行する自動交付機の設定ミスのため、誤ってマイナンバーが記載された住民票69人分を発行していたことが分かりました。

取手市によりますと、今月9日、市民から「自動交付機で発行した住民票にマイナンバーが記載されている」と指摘がありました。市が調べたところ、今月5日から9日にかけて、取手市役所の本庁舎と藤代庁舎に設置してある自動交付機で発行した住民票69人分に、誤ってマイナンバーが記載されていたということです。
取手市では、本人から希望があれば窓口で発行する住民票に限ってマイナンバーを記載し、自動交付機で発行する住民票には記載しないことにしていました。

取手市によりますと、今月3日に委託先の業者が自動交付機のシステムの変更を行った際、マイナンバーを記載しない設定にするのを怠り、市側も確認をしていなかったということです。

69人のうち42人が、すでにマイナンバーが記載された住民票を勤務先や車のディーラーなどに提出したということで、取手市はそれぞれの自宅を訪問して謝罪するとともに、不安を訴えている3人についてはマイナンバーの番号を変更することも検討しているということです。

総務省によりますと、マイナンバーを巡るこうしたミスは初めてで、全国の都道府県に同様のミスがないか確認するよう求めたということです。

会見した取手市の野口龍一副市長は「市民の皆さんに多大なご迷惑とご心配をおかけし、大変申し訳ありません」と陳謝しました。

[PR]
by zubaring | 2015-10-13 17:43 | 気になるニュース