<   2016年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
東京五輪エンブレム:作品A「組市松紋」に
東京五輪エンブレム:作品A「組市松紋」に

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、旧作品の白紙撤回で選び直した新しい公式エンブレムが「組市松紋(くみいちまつもん)」がタイトルの作品Aに決まったことがわかった。作品Aは、江戸時代に「市松模様」として広まったチェッカーデザインを3種類の四角形で描き、多様性を表現した。


a0039820_1537924.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-04-25 15:37 | ちょっと小耳
「ジャパネット」高田・前社長がTVに「復活」 ネット大喜びの「被災地支援策」との関係
通信販売大手の「ジャパネットたかた」の創業者で前社長の高田明氏(67)が、テレビ東京系で2016年4月21日に生放送された通販番組に「特別出演」。この放送で同社が取り扱う商品の売上を全額寄付する「熊本地震 被災地支援プロジェクト」を立ち上げると発表した。

16年1月15日の放送を最後に、テレビショッピングへの生出演を「引退」していた高田氏。約100日ぶりの出演となった今回の放送では、「いつもお世話になっている視聴者の方に、今日はお願いがございます」として、被災地支援への協力を呼びかけた。
番組の売上を全額被災地への義援金とする

「今日の番組を、特別なものにしたい」――。番組冒頭で地震の被災者へお見舞いの言葉を述べた後、高田氏はこう力強く宣言した。いつもの明るくハイテンションなノリは鳴りを潜め、神妙な面持ちで、番組の売上を全額被災地への義援金とするという「熊本地震 被災地支援プロジェクト」を立ち上げることを明らかにした。

「買って頂いた皆様の思いは被災地に届くと思います。どうか、ご協力の方心からお願いいたします」

と視聴者へ呼びかけた。

番組で紹介されたのは、充電式電池や携帯ラジオなど「災害時の備えになる」4商品。商品選定の理由については、

「何がいつ起こるか分からないため、視聴者の皆様にも(こうした商品を)備えて頂ければという思いで用意いたしました」

と説明した。また、通販番組へのスタジオ出演を「引退」するとしていた高田氏が今回出演したのは、社員から「(支援プロジェクトのために)何とか今日だけ出てくれないか」との要請を受けたためだと明かした。

こうした同社の取り組みや高田氏の姿に、ツイッターやネット掲示板などでは、

「熊本、大分の人達に誠意は伝わります。ありがとうございます」
「ジャパネットの高田前社長がまた凄いことしてる。この人ほんとすごい」
「ジャパネットたかた凄い 売上全額寄付、利益とかじゃなくて全額 商品タダで売ってるようなもんだよ」

と称賛する声が続々と上がっている。番組を通じての購入だけでなく、同社公式サイトの通販ページでも支援は可能だという。受付期間は16年4月21日24時(22日0時)まで。

同社は11年の東日本大震災でも同様の企画を実施しており、その際の売上額約7000万円を寄付。くわえて同社から5億円を追加寄付した。


a0039820_1037527.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-04-22 10:35 | 気になるニュース
自分のことしか考えてない。最低男。。。
おおさか維新の会の片山虎之助共同代表は19日の両院議員懇談会で、熊本地震に関して「政局の動向に影響を加えることは確かだ。大変タイミングのいい地震だ」と発言した。(時事通信)

ホンマにこんな男に国を任せていいのか!!!自分のことしか考えてない。最低男。。。


a0039820_1025027.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-04-20 10:01 | 気になるニュース
愛媛新聞、見出しに込めた“ガンバレ熊本”の隠しメッセージ
4月14日に熊本県を襲った大地震。被災地では3日経った今も余震が続いていますが、愛媛新聞は4月17日、スポーツ欄に「ガンバレ熊本」の隠しメッセージを込め、熊本に向けてエールを送りました。

a0039820_104321.jpg
a0039820_10431771.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-04-18 10:43