<   2016年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
大阪府自転車条例を制定しました!
大阪府内では、平成27年の自転車事故の死者数は50人に達し、平成26年に比べて16人の大幅増となりました。
特に死者数の約5割が高齢者で、その死因の約8割が頭部損傷によるものでした。
また、自転車が加害者となる交通事故によって、死者や重篤な後遺障害が生じ、高額な賠償請求事例も発生しています。
このような問題は、大阪府域全体の共通課題となっていることを踏まえ、自転車の安全で適正な利用を大阪府、府民、関係者が一丸となって促進するため、本条例が制定されました。

条例施行日:平成28年4月1日
平成28年7月1日(保険に関する項目(第12条及び第13条の規定)



a0039820_16205284.jpg


a0039820_16212655.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-29 16:21 | 気になるニュース
イギリス・世の中なめとんか?!|お前らのせいで世界が大迷惑や!!
EU離脱、バラ色のはずが…旗振り役が「公約」を反故

国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を決めた英国で、離脱派が語っていた「バラ色の未来」が急速に色あせている。旗振り役の主な政治家が、投票に向けた運動で語ったことの誤りを認めたからだ。「公約」を反故(ほご)にするような動きに、残留派からは不満が噴出している。

 離脱派は運動中、EUを離脱した場合、英国がEUに拠出している負担金が浮くため、財政難にあえぐ国営の国民保健サービス(NHS)に「週当たり3億5千万ポンド(約480億円)を出資できる」としていた。離脱運動の公式団体の宣伝バスに大きく印刷され、スローガンとなった。

 指導者の一人、英国独立党(UKIP)のファラージ党首は24日に英メディアで、負担金の予算が浮くと主張したが、その使途は確約できないと語った。このスローガンは「離脱派の過ちだった」とも発言した。

 保守党のダンカンスミス元党首も26日、出演した英BBCの番組で「自分は言ったことはない」と発言。NHSのほか、教育予算や研究助成金に上乗せできるとした主張は「あくまでも可能性の話」と述べた。

 こうした動きに、親EUで若者の支持率が高い自民党のティム・ファロン党首は、「離脱派キャンペーンはうそによって人々の怒りをあおった」と批判した。


a0039820_1033465.jpg


a0039820_1058249.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-28 10:33 | 言わせてもらいます
ホンマにこりん男や!!馬鹿丸出し|鳩山元首相がAIIB顧問
鳩山元首相がAIIB顧問=中国、日米切り崩し狙う

鳩山由紀夫元首相が、中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)の顧問となる「国際諮問委員会」の委員に就任することが、25日分かった。金立群総裁が確認した。日本は米国とともにAIIB参加を見送っており、中国側には、日本の首相経験者を迎え入れることで、日米を切り崩す狙いがありそうだ。
 同委は今秋、初会合を開く。金総裁や副総裁に対し、幅広い分野にわたって第三者の立場で助言する役割を担う。非加盟国を含め、元首や首相の経験者10人程度で構成する見通しで、金総裁が中心となって鳩山氏以外の人選を進めている。
 日本国内では昨年、英国、ドイツ、フランス、イタリアなどに歩調を合わせ、創設メンバーとしてAIIBに参加すべきかどうかをめぐり、賛否が分かれた。鳩山氏は参加を主張していた。
 AIIB筋によると、設立準備事務局長だった金氏は昨秋、北京で鳩山氏と会い、委員就任を要請した。12月に正式にAIIBが設立された後、組織内で諮問委員会の詳細が協議されてきた。
 AIIBには、アジアの途上国や欧州の先進国など計57カ国が参加。他に少なくとも24カ国が参加の意向をAIIB側に伝えている。加盟国数は来年早々にも、日米主導のアジア開発銀行(ADB)の67カ国・地域を上回るのは必至だ。 


a0039820_11112420.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-27 11:11 | 気になるニュース
頑張れ倫敦|「ロンドン独立で、EU加盟を目指そう」署名に10万人以上が殺到
「ロンドン独立で、EU加盟を目指そう」署名に10万人以上が殺到

欧州連合(EU)残留か離脱かを問うイギリスの国民投票での離脱派の勝利を受け、残留派のロンドン市民らが「ロンドンは独立し、EU加盟を目指そう」と呼び掛けたchange.orgでのネット署名に人々が殺到している。開票結果の最終発表からわずか1日後の6月25日午後5時半時点で、署名の数は11万人以上に達している。

テレグラフによると、国民投票の結果、ロンドン市内では59.9%対40.1%で残留派が多数を占めていた。ロンドン市長のサディク・カーン市長は5月に就任したばかり。自身もパキスタン移民2世で初のイスラム教徒の市長でもある。

change.orgの呼びかけ文には、「ロンドンは国際都市で、ヨーロッパの中心であり続けることを我々は望んでいる。ただ、他の地方の人々はそれを望んでいないことがわかった。それならば分離し、大陸の友人たちと一緒になろうではないか」と記載されている。カーン市長にロンドン独立を促すことを求めている。


a0039820_10214931.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-27 10:21 | 言わせてもらいます
大迷惑じゃ!!もっと考えてから投票せい!!|英・EU離脱 国民投票やり直し求める請願
英・EU離脱 国民投票やり直し求める請願への署名 350万人超に

イギリスのEU(ヨーロッパ連合)離脱の波紋が、周辺国へさらに広がっている。
イギリスでは、国民投票のやり直しを求める請願への署名の数が、急速に増えていて、350万人を超えた。
一方、スペインでは26日、議会選挙の投票が行われた。
これは、2015年12月に行われた総選挙の出直し選挙で、イギリスのEU離脱の決定直後となったことから、EUの政策に批判的な立場を取る左派政党「ポデモス」が支持を伸ばすのか、結果が注目を集めている。

国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決まった英国で、投票の再実施を求める声が高まっている。英下院のインターネットの請願サイトには、26日午前の時点で300万人を超える署名が集まった。世代間の意識の違いも鮮明になっており、僅差で決まったEU離脱に残留派の反発が強まっている。

大迷惑じゃ!!もっと考えてから投票せい!!


a0039820_10144387.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-27 10:14 | 言わせてもらいます
「もう一度国民投票を」請願殺到…EU残留派:イギリスはばらばらに
欧州連合(EU)からの離脱派が勝利した英国民投票の結果をめぐり、残留派が多いロンドンやスコットランドで反発が広がっている。

 英政府が設けたオンライン請願サイトで2度目の国民投票を求める署名は52万件を超えた。署名者は、残留派が多いロンドンが中心で、24日には署名が殺到して一時サイトが使えなくなった。この請願サイトで署名が10万件を超えると、議会での議論を検討する対象になるが、離脱の結果が覆るわけではない。

 離脱派の中心人物であるボリス・ジョンソン前ロンドン市長への反発も高まっている。24日午前、ジョンソン氏が自宅を出ようとしたところ、数十人の市民らから罵声やブーイングを浴びせられた。首相官邸近くでは約30人の若者が「ボリスはいらない」と叫んだ。


a0039820_1731287.png

[PR]
by zubaring | 2016-06-25 17:32 | 気になるニュース
崩れゆくユニオンジャック:ロンドン独立求め数万人が署名、英国のEU離脱で
英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票で離脱派が勝利したことを受けて、数万人のロンドン(London)市民が同市の独立とEUへの残留を求めるネット上の請願に署名した。また、ロンドンのサディク・カーン(Sadiq Khan)市長は、英国のEUからの離脱交渉において、ロンドンには発言権があるはずだと語った。

署名サイト「change.org」に立ち上げられた「英国からのロンドン独立を宣言し、EUへの加盟を求める」とする請願にはこれまでに4万人以上が署名している。

 23日の国民投票では、英国の登録有権者の52%が「離脱」に投票したが、ロンドン市民の60%は「残留」に投票した。ロンドンの他には、スコットランド(Scotland)と北アイルランド(Northern Ireland)のみで、EU残留の票が過半数を占めた。

 請願は「ロンドンは国際的な都市であり、私たちはこの欧州の中心に残りたい」とし、さらに「ロンドンの独立を宣言し、EUへの加盟を申請するようサディク・カーン市長に求めている」と述べている。

 EU残留派のカーン市長自身は、英国のEU離脱交渉に関する声明を出し「ロンドンは、スコットランドや北アイルランドと共に、交渉の場で発言する権利がある」とし、「われわれはEUから離脱するが、EUの一部としてとどまることは重要」だと述べた。さらにカーン市長は「自由貿易の利益がある、人口5億人のEUを離れることはまちがいだ。このことをEUとの交渉の基盤とするよう政府に働きかけたい」と語った。


a0039820_17265924.png

[PR]
by zubaring | 2016-06-25 17:27 | 気になるニュース
舛添辞任で見逃された都議会の大罪|この男の本性!!
追及なし、給与カットなし、退職金2200万円の幕引き で都議会議員もホッとしてる。|ええかげんにせい。

一方、都議会自民党は、舛添知事を追い込み過ぎて逆に自らの「不都合な真実」を暴かれることを防ぐため、20日に予定されていた総務委員会の集中審議を中止した。そして野党が主張する舛添疑惑を追及するための「百条委員会」の設置も否決した。

 彼らは自らの保身のために舛添知事を見捨て、同じく自らの保身のために舛添知事を守ったのだ。

◆追及なし、給与カットなし、退職金2200万円の幕引き

 それだけではない。都議会与党は舛添知事の疑惑を追及しないばかりか、なんと退職金2,200万円を認めてしまった。しかも舛添知事が約束した給与100%カットを吹き飛ばした。さらに、13日に開催された総務委員会の集中審議で各党から要求された資料提出は、うやむやにされてしまった。

 都議会自民党は、15日の舛添知事の辞任挨拶の後に、「文字通り」盛大な拍手で舛添知事を見送ったのである。

 この、都民感覚と完全にズレている「ムラ議会」を変えない限り、都政の刷新は不可能である。

己等に火の粉がかからんようになってホッとしてる。

『週刊文春』が明らかにしなければ舛添疑惑は表面化しなかったのだ。私たちは都議会が舛添知事を延命させてきたことを忘れてはならない。

『週刊文春』よ頼みの綱はアナタだけ?!。


a0039820_1637226.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-20 16:37 | 言わせてもらいます
アベノミクス失敗|唯一の命綱株価も大暴落!!
打つ手が無い「日銀」|足並みが乱れてきた日銀と安倍政権。

クルーグマンやスティグリッツが実際に説明したのは、なぜ首相の経済政策がここまで劇的な失敗を迎えたのか、そして、首相の顧問らが、将来にわたって日本に何の益ももたらさないドグマにしがみつくことで、失敗をダメ押ししてしまっていることだった。

景気刺激策さえうまくいけば、80年代の日本の栄光を取り戻すことができる――アベノミクスがこのように一部の報道で今も健在する課題であるかのように扱われるのは、まさに安倍の熱心な"営業努力"の賜物だろう。だがペテンはペテンに過ぎない。

安倍の策略に最初のほころびがが現れたのは、2014年4月。政権が消費税を5%から8%に引き上げた時だった。国の巨大な負債をなんとか抑制することが重要だった。それは理解できる。しかし、そんな"些細な動き"一つでも国の成長の芽を摘んでしまうことがわかった時点で、安倍はこれを重く受け止め、大局を見つめて軌道修正を図るべきだった。

ところが安倍は、クルーグマンやスティグリッツから経済学のイロハを学ぶことになる。

どうやら安倍には、アメリカの大恐慌時代にフーバー大統領が後世に遺した「間の悪い緊縮財政」の教訓は伝わっていなかったようだ。来年さらに消費税を2%引き上げることに固執するのは、「日本株式会社」をさらに委縮させ、賃金の上昇率も低下させるだろう。

ところが、安倍政権のイノベイティブなパワーを取り戻そうとする策略には、まさにイノベイティブな思考が欠けていた。たとえば、日本の国債がこれ以上格下げされないように、成長に影響しない分野で増税するとか。たばこ税を三倍増しにして、日本をたばこ天国でなくすとか。スティグリッツが奨励する炭素税なんかはどうだろう。相続税を上げれば、格差を是正できる。急騰する2020東京五輪の予算は無論のこと、無用の長物でしかない公共事業費も見直すべきだろう。それから、そろそろ高級官僚もエコノミーでフライトしてもいい頃だろう。

アベノミクスには。現実を直視する力に欠けるという問題が常につきまとった。日本が患っている症状(デフレ圧力)の治癒を図ろうとする一方で、その根本原因(将来への圧倒的な不安)の治癒を怠ってきた。だから、日銀の前代未聞の造幣努力も、家庭ではなくヘッジファンドを潤すだけに終わった。だから、「日本版シリコンバレー」を造り起業ブームを発生させるという目論見も不発に終わった。だから、外資はこぞって日本に投資しようとしない(「シャープ」を買収した鴻海を除いて)。だから、三重県で来月行われるG7サミットで日本政府首脳は、胸を張るよりも恥をかくことになる。

安倍のチームが大変な労力と時間をかけた環太平洋連携協定(TPP)も策略の一部だった。クルーグマンが昨年5月22日のニューヨークタイムズのコラムに書いたように、「自由貿易のメリットなどというものは、ほとんどすべて実現している」のであるから。さらにクルーグマンは、オバマ大統領が推進する貿易協定がその実、「貿易協定」ではないことを看破していた。すでに低い関税がいくらかさらに下がるだけで、協定の真の目的は知的財産権(製薬の特許料や映画の著作権等)の強化にあり、「企業と国の紛争解決のルールを変えることにある」と。

企業が「祭り」といえるほどの恩恵を被るこの協定では、ソニーやトヨタなどの大企業の収益を押し上げるかもしれないが、「将来の不安」がつきまとうならば、積極的な賃上げはしないだろう。安倍は関税の撤廃を徹底して進めるべきであり、企業を助成金漬けにしている場合ではない。




a0039820_15182070.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-17 15:18 | 言わせてもらいます
舛添要一疑惑。これで終わりか|いつもこんな終わり方や
民進党の山尾志桜里政調会長は13日夜のBSフジ番組「プライムニュース」に出演し、舛添要一東京都知事の政治資金「公私混同」疑惑について「(舛添氏の)説明を聞いて、自身で辞職をされるのが最も適切だろうということは、わが党としても申し上げている」と突き放した。

 山尾氏は「次から次と、一つ一つ出てくるエピソードが国民の暮らしや常識から離れていることに自身が気づいているのかどうかも国民からすると、よく分からない」とも指摘。その上で「『説明すればするほど…』という状況になってしまっているのではないか」と解説した。

 ただ、山尾氏自身も“常識外れ”の多額のガソリン代やコーヒー代の支出など「政治とカネ」をめぐる数々の疑惑が指摘されている。

 番組の最後、視聴者から「舛添氏の疑惑追及もいいが、ガソリン疑惑の説明はどうなったのか」と質問を受ける流れで、山尾氏は初めて「改めて自分の襟をたださなければ、と思っている」と言及した。

 ガソリン代について不適切な処理を行った可能性が高いと説明していた元公設秘書との交渉に関しては「それぞれが弁護士を立てて協議をしている。その顛末もしっかりと説明させていただきたい」と述べた。

みんな同じ穴のムジナや!!

政治資金規正法(通称:ザル法)の改正をいそぐべき.........



a0039820_17382132.jpg

[PR]
by zubaring | 2016-06-16 17:35 | 言わせてもらいます