<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
大炎上「メイソウ」行ってみた、日本・中国から批判殺到のパクリ店。
先日、日本のネットで話題になった中国広東省発の生活雑貨店「メイソウ(名創優品)」。日本の100円ショップ同様、店内の商品を均一価格(10元=約165円)で販売する形態の小売店だ。同店が日本で注目された理由は、その名前や形態が「ダイソー」、ロゴや店舗デザインが「ユニクロ」、取り扱う商品が「無印良品」に似ており、「パクリじゃないか」と関心を集めたため。さらには「渋谷区神社前」という架空の本社所在地、須藤元気率いるダンスパフォーマンスグループ「ワールドオーダー」の楽曲の無断使用、三宅順也というブランド創始者の謎の日本人でっち上げなども発覚するなど、問題だらけだと見られている

a0039820_11434876.jpg


3月下旬にオープンしたばかりの新しい店舗だ。「メイソウ」は2013年9月、広東省広州市に1号店をオープンして以来、佛山市に2号店、江門市に3号店と次々と出店していき、すでに50以上の店舗数を誇る一大チェーンと化している(※同社の出店計画によると、年内に300店舗まで増やす予定)。ここ深セン市にも多くの店舗を構えているが、そのほとんどは比較的コストのかからない郊外に誕生しており、中国人中所得者向けに大都市中心部で店舗数を増やしている日本の「ユニクロ」や「無印良品」とは少々異なる営業戦略を取っている。

a0039820_11451685.jpg

a0039820_1146491.jpg


商品のラインアップは生活雑貨がひと通り揃い、店舗の大きさにもよるが、少なくとも200種類以上はあるようだ。キッチン用品や化粧品、食料品、文房具、衣料など、所狭しと並べられた商品は「日本輸入」と謳うだけあって、中国のほかの10元ショップの商品よりもお洒落なパッケージで包装されている。特派員が訪れたのは平日の夜だったが、多くの客で賑わっており、そのほとんどが女性、もしくはカップル。特に決まった人気商品があるわけではなく、それぞれ興味のある分野の商品を手に取っては眺めたり、テスターを試したりしていた。

a0039820_11462715.jpg


気になるのは、日本でも問題視された「日本輸入」「日本ブランド」という同社の触れ込みだ。店内には確かに「日本輸入」の貼り紙もされており、事情をよく知らない人からすると、「日本製」と勘違いしてしまう雰囲気。ただ、それぞれの商品の説明書きには「メイド・イン・チャイナ」とはっきり記されており、商品が「日本製」なのか「中国製」なのか、ややこしい印象を受ける。

a0039820_11471051.jpg


近くの店員に「日本からの輸入品ですか?」と聞いたところ、「そうです!」と自信満々に答えたが、続けて「でも裏に中国製と書いてありますよね?」とツッコミを入れると、「よくわからない」とごにょごにょ。


a0039820_11475035.jpg




詳しくはこちらのページを参照してください。
[PR]
by zubaring | 2016-12-23 11:48 | 言わせてもらいます