サムライブルーは試合後の行動まで世界中のサッカーファンを虜にしている。
日本代表は2日、ベルギー代表に2-3で悔しい逆転負けを喫し、ロシアW杯の戦いを終えた。ただ90分間の奮闘もさることながら、サムライブルーは試合後の行動まで世界中のサッカーファンを虜にしている。

国際サッカー連盟(FIFA)のゼネラル・コーディネーターを務めるプリシラ・ヤンセンスさんがツイッター(@priscillaboca)にロッカールームの写真を投稿。「94分を戦ってベルギー代表に敗れたあとの日本代表のロッカールームなの。彼らはスタジアムのファンに感謝をし、(ベンチとロッカーを)綺麗にしたあとで、メディアの対応をしたの。しかもロシア語で『ありがとう』とのメモを残してくれた。まさに手本ね!」と驚きを伝えた。

サポーターのゴミ拾いなど、日本人の国民性は模範として称賛されているが、選手たちの行動には驚愕といった様子。このツイートには「地球上で最も尊敬できるよ」「ブラボー、ジャパン!あなたたちは世界最高だ」といった意見が殺到している。

a0039820_96591.jpg



This is the Japanese dressingroom after losing to Belgium in the 94’ minute. Thanked their fans in the stadium, cleaned up everything (bench and dressingroom) and spoke to media. Even left note with ‘thank you’ in Russian. What an example for all teams!! Privilege to work with!

[PR]
by zubaring | 2018-07-04 09:07 | 気になるニュース
<< ホッケー男子が初の王者 3点差... ブロック塀、資格ない職員点検 ... >>