アジア大会で在学生、卒業生が活躍
アジア大会で在学生、卒業生が活躍



9月2日に閉幕した「第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)」において、本学の在学生と卒業生が日の丸を背負い、アジアの大舞台で活躍しました。
 以下、入賞以上の選手の結果です。

ホッケー男子 1位
渡辺晃大さん(経営学部4回生)
田中健太さん('13産業社会学部卒)
田中世蓮さん('15産業社会学部卒)
大橋雅貴さん('16法学部卒)

【渡辺晃大さんのコメント】
 今大会、チームはベスト4進出をも目標に、1年間ハードな合宿・練習を行ってきました。

 決勝のマレーシア戦では、3点差まで開いたスコアを見て心が折れそうになりましたが、日本は後半に強いチームだったので、逆転できることを信じてプレーし、タイブレークのSOで優勝できることができました。まだ実感が沸きませんが、これからの日本ホッケー界にとって重要な日となったと思います。
a0039820_16454924.jpg


 今大会では、FWでありながら無得点でしたので、東京五輪までにさらに努力を重ね、大舞台で活躍できる選手になりたいです。

ホッケー女子 1位
内藤夏紀さん('14文学部卒)

[PR]
by zubaring | 2018-09-20 16:47 | 気になるニュース
<< 片山さつきにまたまた新疑惑発覚... ホッケー男子が初の王者 3点差... >>