まだまだ懲りないやつ
九州電力の子会社で発電所の設備を手がける西日本プラント工業は12日、九電の苅田発電所(福岡県)の点検作業手順書が、P2Pファイル共有ソフト「Winny」のネットワーク上に流出したことを明らかにした。

 流出した情報は、苅田発電所にある火力発電所の大型モーター用スイッチの点検作業手順書で、A4版16枚分に相当する。手順書は2004年1月頃に作成していたものだが、作成途中だったため、重要な情報は含まれていないとしている。

 西日本プラント工業によれば、2004年1月頃に同社社員が点検作業手順書のデータをUSBメモリに保存し、自宅に持ち帰っていたという。その後、社員は自宅のPCでWinnyを使用していたところ、2006年1月25日頃にウイルスに感染したと見られる。

 西日本プラント工業は2006年4月17日、Winnyにより電子力発電所の内部資料が流出したことを発表。その際、個人情報管理を再徹底するとともに、Winnyを削除させるなどの再発防止策に取り組むとしていた。西日本プラント工業によれば、今回の流出は「対策を実施する前の2006年1月に発生した」という。
[PR]
by zubaring | 2006-06-13 10:14 | 言わせてもらいます
<< Windows Me/98のサ... 最近の迷惑メール件名 >>