今大会は、W杯最下位決定戦はなし
2002年のW杯決勝戦が行われた日、カリブ海の英国領モントセラトとヒマラヤのブータン王国が、世界最下位を決定する特別試合が行われた。

ヒマラヤの高地で行われた試合には1万5000人の観客が集まり、結果はFIFAランク202位のブータンが203位のモントセラトを4-0で破った。選手たちは試合後、ブラジルがドイツを2-0で破ったW杯決勝戦を一緒にテレビで観戦した。

FIFAの加盟国は205カ国に増えたが、今年は最下位のアメリカ領サモアと204位のタークス・カイコス諸島との試合は行われない。サモアは5年前、オーストラリアに31-0で破れ、最多失得点の世界記録をつくった。

FIFAのジーグラー広報部長は定例記者会見で「残念なことです。とても良い機会だし、前回は素晴らしいドキュメンタリー映画も制作された。でも今大会は最下位決定戦は行いません」と語った。
[PR]
by zubaring | 2006-06-29 12:51 | ちょっと小耳
<< 「尾花愛山」の2006年7月の占い フセイン元大統領、1回だけ食事... >>