「福田首相」メール、添付ファイルにマルウェア仕込む
福田康夫・新首相の就任に合わせ、福田首相が送信したように見せかけてマルウェアを添付したメールが一部に出回っているという。

問題のメールは日本のアジア外交に関する内容で、福田首相の事務所の電話番号と住所を記載してもっともらしく見せかけているという。

これに含まれている実行可能ファイル「mofa.exe」は、バックドア機能を持つマルウェアであることが判明した。mofaは外務省の英語名「Ministry of Foreign Affairs」の略称。

 同ファイルを実行すると「mofa.doc」というWord文書を開き、日本語のコンテンツを表示。その裏でシステムに不正プロセスを挿入し、バックドアを開いて外部のサイトに接続、攻撃者からの命令を受け入れる状態にしてしまうという。

 福田康夫氏の公式サイトは26日午前現在、「なりすましメールにご注意ください」とのメッセージが掲載され、それ以外の情報にはアクセスできなくなっている。サイトでは問題のメールについて「本人並びに事務局では一切関与していない」と説明、速やかに削除するよう呼びかけている。

「マルウェア」とは、クラックツールやコンピュータウイルス・ワーム、スパイウェアに(悪質な)アドウェア等々非常に広い範囲を含んでおり、「悪」を意味する接頭詞の“mal-”にソフトウェア全般を意味する“ware”を繋げた比較的新しい造語である。
[PR]
by zubaring | 2007-09-26 14:18 | ちょっと小耳
<< アドウェアは広告表示から偽セキ... 日本人狙う偽セキュリティソフト... >>