カテゴリ:気になるニュース( 126 )
ホッケー男子が初の王者 3点差追いつく驚異の粘り 成長の証し 「ホッケーにとって大きな勝利」
 【ジャカルタ=岡野祐己】インドネシアで行われているジャカルタ・アジア大会は1日、ホッケー男子決勝が行われ、前回6位の日本は6-6からのシュートアウト(SO)戦を3-1で制しマレーシアを破って初優勝した。

a0039820_16534532.jpg


 日本が初優勝を狙った一戦はSOにまでもつれこんだ。5人目の村田が決めれば優勝という土壇場で、執念でゴールに突き刺した。選手はみなフィールドになだれ込み、歓喜した。

 日本は3点差を追いつき、さらに試合をひっくり返す驚異の粘りを見せた。第4クオーターで一時は2-5となったが、誰一人として下を向かなかった。ここから3連続でゴールを奪い、5-5に。再び勝ち越されたが、残り13秒で落合が執念の同点ゴールを押し込んだ。SOはマレーシア選手が相次いでゴールを外し、勢いに勝る日本が押し切った。
a0039820_1654121.jpg


 リオデジャネイロまで4大会連続五輪出場を果たしている女子に対し、男子は1968年メキシコ五輪を最後に出場がなく、影が薄かった。昨年6月に復帰したオランダ出身のアイクマン監督の下、海外遠征を重ねて強化。東京五輪にはすでに開催国枠での出場の権利があるが、弾みがつく初のアジア王者となり、主将の山下は「前半に4点を入れられ、負けてしまうと思った。それでも、最後まで走りきることだけを一生懸命やった」と興奮気味に語った。

[PR]
by zubaring | 2018-09-08 16:54 | 気になるニュース
サムライブルーは試合後の行動まで世界中のサッカーファンを虜にしている。
日本代表は2日、ベルギー代表に2-3で悔しい逆転負けを喫し、ロシアW杯の戦いを終えた。ただ90分間の奮闘もさることながら、サムライブルーは試合後の行動まで世界中のサッカーファンを虜にしている。

国際サッカー連盟(FIFA)のゼネラル・コーディネーターを務めるプリシラ・ヤンセンスさんがツイッター(@priscillaboca)にロッカールームの写真を投稿。「94分を戦ってベルギー代表に敗れたあとの日本代表のロッカールームなの。彼らはスタジアムのファンに感謝をし、(ベンチとロッカーを)綺麗にしたあとで、メディアの対応をしたの。しかもロシア語で『ありがとう』とのメモを残してくれた。まさに手本ね!」と驚きを伝えた。

サポーターのゴミ拾いなど、日本人の国民性は模範として称賛されているが、選手たちの行動には驚愕といった様子。このツイートには「地球上で最も尊敬できるよ」「ブラボー、ジャパン!あなたたちは世界最高だ」といった意見が殺到している。

a0039820_96591.jpg



This is the Japanese dressingroom after losing to Belgium in the 94’ minute. Thanked their fans in the stadium, cleaned up everything (bench and dressingroom) and spoke to media. Even left note with ‘thank you’ in Russian. What an example for all teams!! Privilege to work with!

[PR]
by zubaring | 2018-07-04 09:07 | 気になるニュース
ブロック塀、資格ない職員点検 高槻市教委が謝罪
 大阪府北部地震で高槻市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した事故で、高槻市教育委員会が22日、市役所で記者会見し、専門家の危険性の指摘を受けて点検した市教委職員2人には建築士などの資格がなかったと明らかにした。塀は安全と判断しており、市教委は「(事故を)結果として防げなかったのは痛恨の極み」と謝罪。安全対策の不備が浮き彫りになった形だ。

a0039820_1744276.jpg



 点検は2016年2月に実施。ブロック塀を目視し、棒でたたく簡易な手法だったという。
a0039820_1741884.jpg


 大阪府警は三宅さんの死亡を受け業務上過失致死容疑で捜査している。

[PR]
by zubaring | 2018-06-22 17:05 | 気になるニュース
日大アメフト部OBが決死の告発「私は内田前監督に裏金1500万円を渡した」
5月6日の関西学院大学との定期戦で、宮川泰介選手に悪質タックルを指示したとされる日大アメフト部の内田正人前監督(62)。日大アメフト部OBであるA氏が、内田氏からの依頼で裏金を渡したことを「週刊文春」のインタビューで明らかにした。

a0039820_1710110.jpg


「私は2004年から8年間にわたり裏金作りを手伝ってきました。内田前監督に銀行振り込みや現金手交という形で、1回100~200万円、総額で1500万円を超える裏金を渡してきたのです。今回の問題で日本大学アメフト部、さらには日本大学の権力構造について様々な問題が指摘されています。これを機にあらゆる膿を出し切って、母校に再生してもらいたいという気持ちから、自戒を込めてすべてをお話しすることを決意したのです」

 A氏が裏金工作を持ちかけられたのは、03年に内田氏が監督に就任して間もない頃だった。アメフト部に備品などを納入する会社を経営していたA氏は水増し請求によって裏金を作っていたという。

 日大広報部は「本学の施設などの建設、備品購入は、すべて本部管財部が行っており、不正購入などの余地はないと判断しております」と回答。内田氏が取材に応じることはなかった。

 6月7日(木)発売の「週刊文春」では、A氏の独占インタビューを5ページにわたって掲載。さらに悪質タックル事件の事態収拾にあたる別の常務理事の金銭トラブルも詳報している。

[PR]
by zubaring | 2018-06-06 17:11 | 気になるニュース
「IoT」とは何か、今さら聞けない基本中の基本
みなさんは、最近各種メディアを賑わしている「IoTとは何か?」について明確に答えられますか?「Internet of Things」の略で、よくある解説の言葉を借りれば「モノのインターネット」と訳します。パソコンやスマホなどの情報通信機器に限らず、すべての「モノ」がインターネットにつながることで、皆さんの生活やビジネスが根底から変わるというのです。

a0039820_10222224.jpg



ある日上司から、「君、わが社でIoTを検討してくれないか」「とりあえずセンサーに繋げてみてはどうか」「人工知能は活用できているのか」などと無茶振りされる被害者が増えています。「インターネットに繋がったからって儲かるの?」「判りやすいコスト削減効果はあるの?」と言いたくなる、曖昧な指示も多いようです。

一方、実際に世界で起きているIoTの潮流をみていると、「IoTによってビジネスモデルが変わった」「全体の作業工程が3分の2に減った」などの声が聞こえてくるし、自社のサービスにとどまらず、他社を巻き込んだサービスをも実現している事例も聞こえてきます。こういった情報の渦中におかれたビジネスマンからすると、IoTは「実態がよくわからないもの」となっているのではないでしょうか?

[PR]
by zubaring | 2018-05-07 10:19 | 気になるニュース
山口達也「普通に仕事をしていたのが情けない」
 強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIOの山口達也が26日、都内ホテルで弁護士を伴い会見を行った。14時開始予定から約4分遅れで登場、黒のネクタイに黒スーツ。約30秒、深々と頭を下げた後、弁護士が事件当日の様子などを説明。その後、山口が話を始めた。
a0039820_16570265.jpg


 【以下、山口の一問一答】

 あの、本日は私の起こしてしまった件について個人的なことでお集まりいただきありがとうございます。今先生もおっしゃっていた通り、まだ処分が下っておりません。なので言えることは、少々制限されますが、これだけ世の中を騒がせてしまったこと、被害者の女性、友人、ご家族のため、お怒りの方、あきれている方、心配している方、応援してくれている方のためにも、まず処分が決まる前に私の口から報告させていただくのでよろしくお願いします。

 -1月から入院していた?

 今年の1月15日ぐらいからちょっとお酒の関係で身体を壊しまして、調子が悪くなったので1カ月入院していた。それで1カ月たって身体も良くなったと、お医者さんに判断いただいて2月12日に退院することになりまして、それで入院時の洋服の片付けであったり、そういうことしなくてはいけなくて、朝しか仕事なかったので、ご飯を買って、退院したし、お酒をちょっと飲もうかなという気になり、部屋を片付けていくうちについ飲み過ぎてしまいまして。

 かなりの量を飲んだと思うんですけど、酩酊(めいてい)泥酔というか、そういう状態になりまして、その女性に電話して、電話で話すより家に来て話さないかと。被害者の彼女が友人連れて行っていいかと言うことでいいですよということで、2人で参りまして、時間かなり遅かったようですが…。

 -何時ぐらい?

 警察の方から聞いているのは20時ぐらい。そこでその時点で申し訳ないというか、未成年と分かっているのに、そんな暗くなる頃呼び出して親御さんも心配するだろうに…。そこからは断片的なんですが、被害者とご友人の方のお話からだと、30分から1時間ぐらい、在宅して席外した時に(女性が)家を出たという経緯です。

 (弁護士から「弁護士ですが、冒頭申し上げた通り詳細事実関係ちょっと問題ございますのでご容赦いただきたい」との断りが入る。再び、山口がコメント)

 多分、焼酎瓶一本ぐらいは飲んでいたと思われます。捜査中なので詳しいことは申し上げられません、すいません。

 -なぜ入院?

 疲れていたり仕事が忙しかったので、家にいるより病院で休んだ方がいいよという会社の考えで、病院から仕事に通う形をとっていた。

 -女性とは?

 以前に何度も、何度もと言っても数えるのは不可能ですけど、何度も会っている女性です。すごく好感もてる方です。

 常にこういう仕事をしているので、意識しなければならないが、ちょっと気が緩んだというか、私1人だけの仕事ではないということが欠けていたと。本当にすみません…。

 -アルコールについて。

 アルコール、依存的なものはなかったと自分では思っていて。ただ控えなければとは思っていた。

 -酩酊状態とは。

 お酒の飲む人なら分かるかもしれませんがお店で寝てしまったり、どうやって家に帰ったか分からないと。捜査中でハッキリしたことは言えない。目が覚めたらいなかったので、帰られたんだなと。

 -事件から報告まで時間がかかった。

 事件当日が2月12日、それで私の所に警察の方から連絡が来たのが3月末。3月末に取り調べが始まって、記憶思い起こすのに、1カ月もたって、内容が内容だけにこういうことありましたと自分でも怖くて、事務所でも誰に相談していいか分からず…。でも3月から4月頭には相談して…。

 -どんな思いで仕事?

 発覚というか、振り返ると、2月12日にそういうことがあって、知らずに普通に仕事していたってことがすごく情けなくて。その間、彼女はつらい思いを1カ月間して、したくもない話を警察に聞かれ、思い出して苦しむような日々を送っていたと思うと言葉にならないです。本当に申し訳ありません。


[PR]
by zubaring | 2018-04-26 16:57 | 気になるニュース
尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権 歴史資料を否定する台湾の公式文書が存在
a0039820_17333324.jpg
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)の領有権をめぐり、中国が主張の根拠としている歴史資料を否定する台湾の公式文書が存在することが17日、分かった。

尖閣諸島を示す台湾名の「釣魚台」は尖閣とは別の島を指していた内容で、長崎純心大学の石井望准教授(漢文学)が同日、東京都内で開いた記者会見で発表した。 石井氏によると、中国側の「尖閣諸島が歴史上、台湾に付属していた」という主張の根拠とする歴史資料は2つあるが、このうち1つはすでに誤りだと判明している。

今回の資料は残りの1つで、台湾の文書が否定したことによって中国側は主張の根拠を完全に失うことになる。 石井氏が発表したのは、中国側がこれまで領有権を主張する根拠としていた歴史資料の1つで、清代の役人が記した台湾の地理書「台海使槎録(たいかいしさろく)」(1722年)だった。

 同書には「山後(台湾東部)は大洋なり、北に山有り、釣魚台と名付けらる、大船十余を泊すべし」という記載がある。中国側はこの「釣魚台」が尖閣諸島を指すとしてこの記載を基に「歴史的に尖閣諸島は中国の領土」と主張してきた。
 
だが、1970年に台湾政府が発行した公式の地理書「台湾省通志」は、台海使槎録に明記された「釣魚台」を台湾東南部の「台東県の島」と認定し、尖閣諸島ではないことが記されていたという。 

台湾省通志はすでに公開された文書だったが、石井氏が今年9月に尖閣諸島の歴史を研究する過程でこうした記載があることを発見した。 石井氏は「中国の主張を完璧に覆し、国際法だけでなく、歴史的にも尖閣諸島は日本の領土だという日本側の主張を補強するものだ」としている。

[PR]
by zubaring | 2017-11-17 17:34 | 気になるニュース
日本には2つの「サムライジャパン」が共存していることをご存じだろうか。
 日本には2つの「サムライジャパン」が共存していることをご存じだろうか。

大多数が思い浮かべるのは野球日本代表の「侍ジャパン」だろう。

もう一つはというと、スティックという刀を構えるホッケー男子日本代表の「サムライジャパン」だ。 

野球が最初のように感じるが、先にホッケーが「サムライジャパン」と名付けていた。08年3月、日本協会が「さむらいジャパン」(当初はひらがな)の愛称を決め、商標登録もした。

その8カ月後に野球のWBC日本代表の愛称が「侍ジャパン」に決定。理事の一部からは反発もあったというが「知名度で及ばないから仕方ない」という結論で落ち着いたという、なんともいえない経緯がある。

 現段階では野球に“侍”の座を奪われているホッケー男子代表。その男子チームを2020年の東京五輪までに強化するため、黒船に乗ったサムライが“再来日”した。

 シギ・アイクマン監督だ。6年前にも代表監督を務めていたので、懐かしく思うホッケーファンもいるのではないか。成績不振という理由で解任されたが、現場からその指導力に対する評価は高く、日本を知っているという点も考慮されて異例の再登板となった。

 そのアイクマン監督。就任会見で「選手たちは武士道を理解し、決して諦めないこと。栄誉ある気持ちを持って戦うこと」と選手に求めた。特に「武士道」や「大和魂」というフレーズを盛んに使ってチーム方針を説明する姿が強く印象に残った。新渡戸稲造の著書「武士道」を読んでいるのかは定かではないが、まさに「ラストサムライ」だ。

 協会関係者によると、一度監督を経験したことで日本文化にも精通していることも就任の一因になったのだという。くしくも、アイクマン監督は、侍名称騒動後の09年5月に代表監督に就任していたことも因縁めいている。 選手たちも、当時のアイクマン監督の指導により手応えをつかんでいたということで、再登板に好意的。これから徐々にアイクマン式大和魂が注入されていくことだろう。

 男子代表は68年メキシコ五輪以来、五輪出場からは遠ざかっている。3年間で新指揮官のもと、武士道をたたき込まれた“元祖サムライジャパン”の復権に期待したい。(河西 崇)

a0039820_16093364.jpg

[PR]
by zubaring | 2017-07-13 16:12 | 気になるニュース
やっと2017年6月30日に付いた連絡橋。
やっと2017年6月30日に付いた連絡橋。

ヨドバシ梅田とJR大阪駅を繋ぐ橋開通。

若干高さが違うブサイク連絡橋。

この橋が架けられている正確な場所は、JR大阪駅と阪急梅田駅間にある「カリヨン広場」と、ヨドバシ梅田店の南側2階となっている。

9月ぐらいにはヨドバシ梅田とグランフロント大阪が繋がる予定。
a0039820_16471831.jpg
a0039820_16473515.jpg
a0039820_16474963.jpg
a0039820_16480490.jpg
a0039820_16482121.jpg
a0039820_16483639.jpg

[PR]
by zubaring | 2017-07-06 16:48 | 気になるニュース
阪急上新庄駅に「格安キップ」の自動販売機が設置されました。
阪急上新庄駅に「格安キップ」の自動販売機が設置されました。

通常より格安で例えば上新庄~梅田 通常 190円が(同様の区間含む)

土休日使用の場合 160円に(30円も格安)

平日終日 180円に(10円安)

時差 10時~16時使用で 170円(20円安)

上新庄~河原町・三宮 通常 370円が(同様の区間含む)

土日終日使用で 320円(50円も格安)

時差 10時~16時使用で 340円(30円安)

平日終日 350円に(20円安)

とってもお得ドス
a0039820_16214052.jpg
a0039820_16213012.jpg
a0039820_16212260.jpg

[PR]
by zubaring | 2017-07-05 16:22 | 気になるニュース