<   2006年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧
今日は節分
関西、特に大阪では節分に恵方巻という太巻きを食する風習があります。

その風習が全国にも広がっているそうな。

起源は〔江戸末期における大坂,船場の風習などが創始とされる。明治半ばに一度廃れたが,1977 年(昭和 52)に行われた海苔業界のイベントをきっかけに復活したそうな〕

恵方とは陰陽道でその年の干支に基づき、めでたいとされる方角のこと。恵方には福を司る歳徳神(としとくじん)が在し、その方角に向かって事を行えば万事に吉とされます。(今年2006年の恵方は南南東)

節分の夜、恵方に向かって願い事をしながら、巻寿司を最後まで切らずに黙って丸かぶりすると、歳徳神が願いを叶えてくれると言われています。---ちょっときついです。

太巻きは「福を巻き込み」、一本を丸かじりにするのは「縁を切らない」、しゃべらず無言でいるのは「福を逃がさない」とされているためです。

恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べる太巻きの事。商売繁盛、無病息災、願い事が叶う、その年必ず幸運が訪れる、厄落とし等の意味を持ちます。「恵方寿司」とも呼ばれます。

節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって、目を閉じて願い事を思い浮かべながら太巻きをまるかぶり(関西方言で「まるかじり」の意)するのが習わしとされる。食べている間は、無言でなければならないんですよ。---ちょっときついです。

七福神に因んで、かんぴょう、キュウリ、シイタケ、伊達巻、うなぎ、でんぶ等七種類の具を入れて、福を食べるという意味合いもあるらしい。「福を巻き込む」という説明もあります。

信じるものこそ救われる。信じて食べましょう?
[PR]
by zubaring | 2006-02-03 07:36 | ちょっと小耳
顧客リストの流出
また個人情報がずさんな管理から流出した。

そのたびに、顧客の徹底管理をするだの、二度とおこらないようにするだの言い訳がましいことばかり。

管理をきびしくすることだけで、はたして顧客情報が守られるのだろうか?

まず、二度目、三度目とおこる可能性の方が大きい。なぜならば個人個人の意識の欠如がその事をおこしているからである。

徹底した意識改革こそが一番大事なことであろう。そのことが出来てはじめて徹底した管理をしなければならないと思う。

大切な個人情報が、個人のパソコンに入っていること自体おかしいことである。

---以下記事転用---

郵便局職員のPCから、書留の受領証リスト2,460件分などがWinny流出

 銚子郵便局(千葉県銚子市)の職員が自宅で使用しているPCから、顧客情報などがWinnyネットワーク上に流出していたことがわかった。日本郵政公社関東支社が1月31日に発表した。

 流出したのは、同職員が2003年10月まで勤務していた京橋通郵便局(東京都中央区)の顧客リストと書留の受領証リスト。顧客リストには、2002年度のお歳暮特選品の顧客、2003年度のお中元特選品の顧客、同じく2003年度のかもめーるのDMリストの合計378件が含まれていた。受領証リストには、ある企業から発送された2,460件が含まれていた。このほか、銚子郵便局における貯金業務の会議報告書と営業実績表もあった。

 同職員は当時、京橋通郵便局が顧客にDMを発送するためのラベルを作成する業務システムを構築することになり、その際、規則に反して顧客情報を持ち帰っていたという。その後、2005年9月頃にWinnyを利用したのが発端となり、ウイルスに感染して流出したと見られている。

 今回の流出は、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)が発見し、総務省を通じて指摘を受けたことで1月27日に発覚した。日本郵政公社関東支社では、関係する顧客を訪問するなどしてお詫び・説明するとともに、顧客情報の一層の管理徹底を指導するとしている。
[PR]
by zubaring | 2006-02-02 03:57 | 言わせてもらいます
ええかげんにしとけ「東横イン」
悪いと知りながら、悪い事をする。金儲けの銭ゲバ。東横イン。

法というものをなめてる。何の為の基準。勿論、安全のため。という事は客の安全も無視してるということや、こんな考えの人間が公共施設のホテルを経営する価値なし。

是正しても、また同じ事を絶対しよる。人間急に変わることが出来るわけが無い。悪人は悪人にままや。

こんな人間、世の中から抹殺してしまえ。ホテルもつぶしてしまえ!!!

ほんまムカツク。

----以下記事内容-----

大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(東京)による不正改造問題で、千葉市の系列ホテルの容積率が、違法改築により建築基準法の制限を大幅に超過していることなどが1日、新たに分かった。問題が発覚したホテルは共同通信のまとめで、26都道府県の計80件に上った。
 「東横イン千葉幕張」は、建築確認を受けた1988年当時の図面では12台分の駐車場があったが、会議室やレストランに改造。現在も3階建ての駐車場を建設中で、容積率は法定上限の2倍を超える400%以上になる見込み。千葉市は是正を求める。
 市は90-91年にかけ4回にわたり、ホテル側に改善を求めたが、その後は指導しないで放置していた。ホテル側は市に対し「違法という認識はあった。工事を中止する」と話したという。
[PR]
by zubaring | 2006-02-01 01:20 | 言わせてもらいます